☆輝楽めき人生講座 1回目☆

輝楽めき人生講座はじまりました

6月4日(水)輝楽めき人生講座1回目を開催しました。

26名の方に参加いただき、オリエンテーションでは包括支援センター職員・講座生・介護予防サポーターが申込の動機や5年・10年後の自分像について自己紹介をしました

まず始めに「地域包括支援センターを知ろう!」と題して、職員から説明をしました。

次に、「輝楽めき人参上」では、昨年輝楽めき人生講座を受講された方が地元でサロンを立ち上げ、活動をしている内容を紹介してくださいました。

みんなで「あんたがた どこさ」「山寺の和尚さん」の歌を歌いながら手拍子をいれて頭の体操を交えながら楽しい時間を 過ごしました

    

その後、「いなむらの火」という紙芝居を披露してくれました。「地震・津波」という自然の力に対して、何ができるかを考え行動する人間の素晴らしさに気づき感動する実話に基づいた紙芝居でした。

        

 【 講座生の感想 】

・地域包括支援センターは相談・健康・権利についての悩みを聞いてくれるところだと分かりました。

・元気で自分らしくいきいきと生活できる考え方やそれを支援されている人たちを知って感動しました。

・元気な皆さんから元気をいっぱいいただきありがとうございました。

・輝楽めき人をじかに見て感動しました。

・輝楽めき人(介護予防サポーター)の紙芝居すごく良かった。

・次回が楽しみです。